LOGYの特徴(テキスト版) – LOGY「ロジー」|自宅からプログラミングが学べるプログラミングスクール。

LOGYを通して大事にしていること(バリュー)

1. お子さんが、つくりたいものを、とことんつくれること
2. お子さんが、つくりたいものから、つくれること
3. つくったものによって、身近な人を幸せにできること
4. 上記3つをできるだけ多くの、子どもたちに届けること

身近な人の悩みを解決したり、幸せにしたりできる教材とカリキュラム

よくエアコンを消し忘れるお母さんのために、外出先から止められる装置をつくってみる。
その結果お母さんが本心で喜んでくれる。身の回りの人の役に立って感謝される。
そういう小さな成功体験をつむことで、モノづくりやプログラミングが楽しくなる。
LOGYはそんな体験を、お子さんひとりひとりに掴んでもらうことを目指しています。
そのために、つくりたいものをとことんつくれる教材。
更につくりたいものから、つくれるカリキュラムに力を入れました!

つくりたいものをとことんつくれる教材

教材として使われる多くのコンピューターボードが、ネットに繋がらなかったり、高度な処理が実行できなかったり大幅な機能制限があります。
だから、アイディアがあってもつくりたいものを追求できないことも。

LOGYでは、obniz Boardというコンピューターボードを使っています。
obniz Boardはネット接続はもちろん、画像の認識なんてこともできます!

「リアルタイムの天気の情報を教えてくれる装置」をつくったり、「人の顔を見分けるロボット」をつくったり、アイディア次第でつくりたいものをとことんつくることができます!

いつでも、どこからでも学べる

LOGYではビデオ通話をつかって、先生と一対一で授業をすすめます。
オンラインだから、いつでも、どこでも授業を受けることができます。

学びたいだけ学べる料金形態

「夏休みの自由研究前だから、多めに授業を取ろう。」
「家族でしばらく旅行にいくから授業を減らしたい。」
そんな要望に柔軟にお答えできる料金形態を実現しました。

基本料金(月1回の授業を含む):¥5,980/月
授業チケット(1回分の授業チケット):¥3,980/回
※初回教材費用 15,400円 が別途かかります。

お客様の声

・みんなでワイワイとするのが苦手な子なので、マンツーマンなのは助かりました!
・家族以外の人に承認されるという経験が子どもの力になっています!
・私(お母さん)がいなくても、先生と楽しく時間を過ごしてくれます!
・「なにつくりたい?」「なにつくろっか?」から始まる授業は子どものやりたいことからやってくれるのでとても楽しそうです!
・実際に仕事としてプログラミングをしている方や、大学で研究をしている学生など多様な第一線で活躍している講師がいるのはとても楽しいです!
・共働きなので送り迎えなどが必要ないのが助かります。